自己破産等について

借金の程度には、人によって大きく幅があります。ある方は自分で返済していけるような金額であるといいます。またある方は、これからどうしようか分からないくらいの負債が残っている、という方もいます。その金額の程度、返済能力によっては、いわゆる『債務整理』ではなく、『民事再生』、または『自己破産』を行う必要があるかもしれません。債務整理に比べてそれらが大きく異なっている点は、場合によっては『(一部)差し押さえ』になる可能性があるという点です。民事再生の場合、メリットは『借金を大きく減額することができる』という点です。全額免除とはなりませんが、負担は大きく減ります。自己破産が適用出来ない場合でも民事再生では適用でき、また住宅ローンを保持できるという利点があります。それに対して『自己破産』は、借金を文字通り「0」にすることができます。その代わり、高価な資産を手放す必要があります。いわゆる『ギャンブル』によって負った借金には適用できないことがあります。

各債務整理方法にはこれらのような特徴がありますので、弁護士によってどのような方法をとるか、相談することができます。それによって、悩める借金問題をひとまず解決することができます。

参考HP「債務整理の無料相談 – 弁護士法人アディーレ法律事務所

メリットとデメリット

さて、債務の返済に困ってしまったとき、債務整理を行うことにはそういったメリットがあります。たいてい借金の返済に困ってしまうと、これからどうして良いのか分からなくなってしまったり、またほかのところから工面してとりあえずは支払っておこう、という考え方に至ってしまうこともあります。それは、良くない流れですので、私達はそういった状況に陥る前に、素直に自分の状況を判断して、どうすれば良いか決める必要があります。そこで、債務整理という方法をとることができるのです。債務整理はたてつづけな請求がなくなったり返済そのものも非常に楽になるというメリットがありますが、逆にデメリットもあります。それはデメリットというよりは、債務整理を行う際には覚悟しておくべきこと、とも言えます。

まず、債務整理を行うと、ほぼ確実に信用情報が、いわゆる『ブラック』となります。信用情報がブラックとなると、あらたな借り入れが出来なかったり、ローンが組めなくなります。これは、債務整理を行う前に覚えておくべきことです。また、一定の年月が経過してブラックでなくなったとしても、今後債務整理を行った対象の借り入れ先からは利用出来なくなるということも覚えておくべきです。

借金を減らせる?

誰かからかりたものは返さなければならないのは当然のことです。しかしそれは誰か人を対象とする場合期限に関して曖昧なことも多く、最初考えていた期間から延びてしまうこともあるかもしれません。そういった場合にも、トラブルに発展するかどうかはその人次第ともいえるかもしれません。しかし、いわゆる『債権』を負った場合はそうもいかず、もしその返済が遅れてしまった場合、当初に行われた契約に基づき、とても『事務的』にそれは行われます。これは、単に『支払いを待って貰うことができない』ということではなく、私達が払わなくなった(もしくは払えなくなった)際の対応にブレがない、ということでもあります。もし債務分の支払いをしなかった場合、最終的には裁判で訴えられ、それでも応じなければ差し押さえに発展します。そういった事態になる前に、私達には対応が求められます。

そこで用いられるのが『債務整理』です。もし借金を返せなくなってしまった場合、債務整理を行うことによって、まずは『請求を止める』ことができます。そして、『支払いを無理のない分割払い』に変更することができます。また、過払い金があれば『過払い金請求』を行うことができます。

借金には債務整理?

『債権』 という言葉を日常的に用いることはそう多いことではありません。私達もだれもがそういった生活を送っているわけではありませんが、それは特定の機会にしか用いられないものです。それはプラスのことで用いられることも、マイナス面で用いられることもあります。どちらにしても、私達はあくまで自主的に『債権』を保有するということをそこまで良いこととは思っていません。どちらにしても、債権はあくまでなくしていく方向に物事を傾けていくのが普通です。いわゆるそれは、『借金を返済していく』ということにも繋がっていきます。私達はだれでも、自主的に借金を負いたい、と思っているひとはいないでしょう。しかし、何らかの形で借金を負わざるを得ない状況というのもあって、いわゆる『携帯電話の割賦契約』がそれに当たるかもしれません。新しい携帯電話(スマホ)を購入するときは割賦契約にすることが多いですが、支払い0円の場合でも一括0円で無い限りあくまで割賦契約を結んでいることになり、それはいわゆる『借金』をしているといっても過言ではありません。返済を続けていかなければならないからです。

少し論題が逸れましたが、どちらにしても私達は自分たちの予想する範囲ないで経済面を考えたいと思っていますから、できるだけ債務を減らしていきたいと思っていますが、債務がかさんでしまった場合、返済に困ることがあるので、そこで用いることができるのが、債務整理というものです。