メリットとデメリット

さて、債務の返済に困ってしまったとき、債務整理を行うことにはそういったメリットがあります。たいてい借金の返済に困ってしまうと、これからどうして良いのか分からなくなってしまったり、またほかのところから工面してとりあえずは支払っておこう、という考え方に至ってしまうこともあります。それは、良くない流れですので、私達はそういった状況に陥る前に、素直に自分の状況を判断して、どうすれば良いか決める必要があります。そこで、債務整理という方法をとることができるのです。債務整理はたてつづけな請求がなくなったり返済そのものも非常に楽になるというメリットがありますが、逆にデメリットもあります。それはデメリットというよりは、債務整理を行う際には覚悟しておくべきこと、とも言えます。

まず、債務整理を行うと、ほぼ確実に信用情報が、いわゆる『ブラック』となります。信用情報がブラックとなると、あらたな借り入れが出来なかったり、ローンが組めなくなります。これは、債務整理を行う前に覚えておくべきことです。また、一定の年月が経過してブラックでなくなったとしても、今後債務整理を行った対象の借り入れ先からは利用出来なくなるということも覚えておくべきです。