自己破産等について

借金の程度には、人によって大きく幅があります。ある方は自分で返済していけるような金額であるといいます。またある方は、これからどうしようか分からないくらいの負債が残っている、という方もいます。その金額の程度、返済能力によっては、いわゆる『債務整理』ではなく、『民事再生』、または『自己破産』を行う必要があるかもしれません。債務整理に比べてそれらが大きく異なっている点は、場合によっては『(一部)差し押さえ』になる可能性があるという点です。民事再生の場合、メリットは『借金を大きく減額することができる』という点です。全額免除とはなりませんが、負担は大きく減ります。自己破産が適用出来ない場合でも民事再生では適用でき、また住宅ローンを保持できるという利点があります。それに対して『自己破産』は、借金を文字通り「0」にすることができます。その代わり、高価な資産を手放す必要があります。いわゆる『ギャンブル』によって負った借金には適用できないことがあります。

各債務整理方法にはこれらのような特徴がありますので、弁護士によってどのような方法をとるか、相談することができます。それによって、悩める借金問題をひとまず解決することができます。

参考HP「債務整理の無料相談 – 弁護士法人アディーレ法律事務所